なぜSBI証券なのか?

SBI証券株取引

証券会社は主にSBI証券と楽天証券を使っています。

メインはSBI証券です。なぜSBI証券がいいのかを説明します。

SBI証券を使われる方はSBI銀行もセットでするととても便利です。

SBI銀行と連携

私は、ネット銀行はSBI銀行を使っています。(SBI銀行の良さは別記事で)

米国株はドルで購入します。ドルはSBI銀行で積立購入し、SBI証券に振替します。

為替コストが安い 1米ドルあたり2銭(積立)

入出金手数料   無料 入金は即時反映されます。

SBI銀行はコンビニ・郵便局などから入金もでき色々便利に使ってます。

手数料が安い

取引時の手数料が安い

最低手数料 0円(税抜)

取引手数料 約定代金×0.45%(税抜)

上限    20ドル (税抜)

比較 ~20万円 2,986円 (野村証券 オンライン専用支店)

ネット証券大手3社 マネックス・楽天・SBIは手数料は変わりません。

米国株式・ETF定期買付サービス

他の証券会社にはあまりないサービスです。

1.銘柄を決める

2.毎月の設定日を決める(日付・曜日・ボーナス月)

3.枚数・金額 外貨・円貨を決める

あとは自動的に買付してくれます。

忘れることがなくなる。感情に左右されない。などなどメリットがたくさんです。

自分も7日に設定しています。米国市場は夜中にやってるので

早寝の自分にはピッタリです(笑)

特定口座対応

特定口座に対応しています。

私は特定口座 源泉徴収ありにしています。証券会社が替わりに税金をおさめてくれます。

楽ちんです。

 

まとめ

1.SBI銀行との連携の良さ

2.手数料が安い

3.定期買付サービス

4.特定口座に対応

まだまだありますがこの4点がおすすめポイントです。

 

お約束

投資は自己判断でお願いします。当サイトでは責任は負いません。

ご了承ください\(^o^)/

コメント